2019年10月1日火曜日

営業再開です

自宅含めて2週間の改装が終わり、ようやく昨日から営業です。
生活しながらの改装はほんと大変としみじみ。
荷物に挟まれて、積み上げた荷物の雪崩を心配しながら眠る日々。

それでも、だんだんと生まれ変わってく姿を見るのは素敵ですね。
住んでる自分も一緒に貼りかえられたらいいのに、と思っておりました。

何分古い家なので、改装進めば進むほど不具合の連鎖。
それでも職人さんたちが知恵を絞り、技術を駆使し、アイデアをだしてくださって、
どうにか形となりました。
最後の床は3時まで頑張ってくださってきれいに仕上げてくださいました。

途中、沢山の嬉しい偶然にも出会い、今回二回目の改装はまずまずの出来。
皆様には感謝ひとしおです。

そして今週から、木曜定休となります。よろしくお願いいたします。






2019年9月6日金曜日

改装と10月からの指針

お盆を過ぎると同時に朝晩の風がかわりましたね。
あちらこちらで雨の被害も多く、ここ数日は台風による風水害も心配です。
天災は他人事でなく、いつ我が身に降りかかるかわかりませんので、
日頃の備えや防災意識は大切だと、ここ最近実感するようになりました。
幸い当店のある場所は、水害の心配はなさそうな場所ですので、
何かの時には役に立てるよう、
しておきたいと思います。


改装するする詐欺をようやく脱却することになりました。
9月16日(月)~20日(金)までおやすみさせていただきます。
21日(金)より通常営業、また23日(月)は営業致します。
大きく改装するわけではないですが、
以前から気になっていたトイレと、入り口の手すりの交換。
そしていつ、頭上に落ちてくるかわからなかった
焙煎機側の照明を交換です💦
クロスと天井も貼り換えますので、少し落ち着いた雰囲気になると思います。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
これで穴の空いた壁紙や床とお別れです😅

10月から消費税が上がります。
それにともない軽減税率への対応や、各原材料の大幅な値上がり等、
当店のように小さい店舗ではダイレクトに響くので
非常に悩ましく苦慮する事態です。
値上げをするかしないか。
迷いに迷いましたが、価格は当面、据え置くことにいたしました。
ここで上げないと上げられない、と、いろいろな方に言われましたが、
お客様の日常に寄り添うコーヒーです。
店舗努力で出来る範囲はこのままで営業しようと思います。
価格を変更しない分、10月からお客様にご負担を強いる点がありますことを、
ご理解の上、お許しください。

10月からの変更点は以下の通りです
・レジ袋有償化 大きさに関わらず一枚3円
プラスティックストロー原則廃止(気になる方にはストローお出しします)
・ご注文金額¥5000以下は全国一律送料¥600
・少量発送(100g~400g)の場合ポスト投函をご選択頂ければ送料無料
・ギフト包装は個数、大きさに関わらず箱代として一律¥100
定休日を毎週木曜に変更します

レジ袋、ストローに関してはプラスティックごみ軽減化の意味合いもあります。
ご協力お願いいたします。

2019年8月31日土曜日

9月営業カレンダー

雨で被害にあわれ地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。峠は越したようですが、まだ地盤が緩んでますので重々ご注意ください。

9月の営業カレンダーです。10月より定休日が変わります。
まだ未定ですが、毎週木曜を定休予定としています。10月からの消費税増税についての当店の方針とあわせて、また改めてお知らせいたします。





2019年8月9日金曜日

ミネラルウォーター

飲んで美味しい水と、コーヒーをいれて美味しい水は違います。
昨日セミナー会場で頂いたミネラルウォーター。
素晴らしく甘くまろやかでしたが、口の中で引っかかる味があり、今朝コーヒーをいれてみたところ、案の定カドのある苦みばしったコーヒーとなりました。
購入した豆が美味しくなかったと思う原因は、美味しいと思ってる水であるかもしれません。 「買ってみたけど美味しくなくて」と当店へ持ち込まれた他店の豆を、いつも飲まれている、お取り寄せのミネラルウォーターでなくて、ただの浄水器を通した水を使ったら味が激変したということもよくあります。
当店のものであっても、他店のものであっても、気持ちをこめて焙煎されたコーヒーです。
どうか、二度、三度と美味しくなるチャンスを与えてください


2019年8月8日木曜日

御中元

残暑お見舞い申し上げます。

きょうは立秋ですね。こころなしか、風がちょっと変わった気がします。
明後日から長いお盆休みに入られる方も多いかと思います。
お子さんの夏休みが重なるお母様たちにはちょっとしんどい季節かもしれませんね。
当店は12,13,14日でお盆休みを頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

夏はギフトのご注文を多くいただく季節ですが、
最近は熨斗紙の表にお中元の文字を入れることが少なくなりました。
当店では「夏のごあいさつ」「心ばかり」が今は6割ほどでしょうか。

中元はもともと中国の道教からきたもので、7月15日(旧暦なので今年だと8/15)を中元として、死者の罪を贖い、厄を払う日にあてたらしいです。
(ちなみに上元1月15日 下元10月15日※いずれも旧暦)
それが日本に伝わったときに、お礼を伝える風習へ変化していったとのこと。

普段何気なく贈ったり贈られたりしているものに、こうした意味が込められていることを知るのもまた大切だと感じます。

ちょっとCM
100g×2個入りギフトもご用意できます。
箱サイズ18cm×12cm×6cm
包装紙、掛け紙のどちらかをお選びできます。
事前予約いただければ、お客様オリジナルの掛け紙も作れます。
(写真はグースロッカー様ご依頼ギフト)
¥1300~ご用意できます。


2019年8月1日木曜日

古いものこそ手をかけないとですね

いつもありがとうございます。
相変わらず蜂ボケ夜宮です。

焙煎機も金属なので、熱による膨張と収縮で、
少しずつ本体のドラムの位置がずれてきます。
そのメンテ時期を教えてくれるのが、焼けむらした珈琲。
こうした焼けてない珈琲が混じってるときは間違いなく位置がずれてます。
また焙煎中の機械の音も微妙に違ってきています。
このドラム位置のメンテというのが夏場にはつらく、
焙煎してる一番熱い時でないと出来ません。
理由は、靴を買う時間帯と同じ理由です。
一番足がむくんでる夕方に靴を買えとよく言いますが、
それと同じで焙煎機も一番金属が膨張してるときに位置調整を行います。


 


焼きむらも味のうちと言いますが、
機械の調子を常に気をつけて、いい豆を使えばほぼ焼きむらは出ないものです。
ひどい焼きむらがあるときは間違いなく豆か機械のどちらかに原因が見つけられます。
腕のせい。
それも多少はあるかも。その時は謙虚に精進のみ。

そしてダクトや冷却器の下にたまるシルバースキンに煙突掃除。
焙煎の度の拭き上げ。
時間をかけて機械から出るシグナルに耳を傾けることで日々の焙煎が行えます。

メンテが出来た時の珈琲は、ちゃんとお礼をしてくれます。
深い深い濃オレンジのエキス。うれしくなる瞬間です。