2022年1月25日火曜日

蔓延防止措置期間の営業時間


急速な感染増加をふまえ、また蔓延防止措置が発令されたこともあり
当店の喫茶業務は2/20まで 13時から17時の 時短営業に切り替えます。

⁡豆の販売は通常通りです。⁡
⁡感染より人の心が疲弊していくのが心配ですね。⁡





 

2022年1月18日火曜日

ドリップバッグ販売再開

 ドリップバッグ販売再開しました。






今回は当店オリジナルブレンド(ブラジルベース:苦味と酸味少なめのしっかりとしたコク)とマイルドブレンド(コロンビアベース:柔らかな酸味)の二種類です。
1月いっぱいラベルなしドリップバッグお試し価格で1パック¥120で販売致します。
2月より通常価格¥140

このドリップバッグの売上の10%が福祉団体への寄付となり、うち5%が福岡子どもホスピスプロジェクトへの寄付金になります。

2022年1月14日金曜日

福岡子どもホスピスプロジェクト募金活動

光陰矢の如し。あっという間に二週間が過ぎました。
そろそろ当店のみっちーさん達の家を増やして初夏に備えないとなぁと
思いつつも寒さに負けて動けない夜宮です。




先日 NPO法人福岡子どもホスピスプロジェクトの事務局長様、理事の方と
公益財団法人がんの子どもを守る会九州北支部の方がご来店。
当店に設置する募金箱をお持ちくださいました。

自身や家族が五体満足で元気だと、難病というのはどこか遠くに感じられがちです。ですが遠い世界のことではなく、隣人の話であったりします。

その子の未来は私たちの未来。

ほんの少し、心を傾けて頂くと嬉しいです。
この箱に入れた貴方のお金は、大きな循環の中で、何倍にもなってあなたの元へ戻ってきます。
宜しくお願いいたします。


 

2022年1月1日土曜日

新年



2022

新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様の栄ある一年を心から願います。


夜宮珈琲倶楽部 店主
 

2021年12月28日火曜日

師走


早いものであっという間に新年がやってこようとしています。
焙煎機に鞭うってローストしてる夜宮です。


頑張る焙煎機にささやかに、しめ飾りの贈り物。




今年も無事一年を迎えられたことにホッとしていますが
来年のコーヒー業界はなかなか厳しい模様です。
今年起きたブラジルでの干ばつ、霜害。
コロンビアでも天候不順により不作がいわれています。
生産国で相次ぐ天災に加えコロナによる流通の乱れ、人手不足。
それはコーヒーだけに限ったことではありませんが。


先日業者さんとお話していて、来年は仕入れ価格にしてもかなり厳しい状態になるなぁと肌で感じざるを得ませんでした。
とはいえ、起きる事をくよくよ悩んでも仕方ありませんので、
来年は当店が焙煎したい豆、お客様に飲んでほしい豆を
自身が楽しみながらローストしていきたいと思います。
お気楽にのんびりゆるゆると。


今年も皆様にご愛顧いただきましたことに、心から御礼申し上げたいと思います。
「いつかくるあなたの為に、再び来てくれるあなたの為に」
来年も営業します。


2021 結果オーライ。ありがとうございました。

2021年11月27日土曜日

朔風払葉


朔風払葉。北風が吹き一気に冬らしくなりました。
本日は夕方からなぜか焼酎の試飲会で珈琲だすことになってる夜宮です。









最近、ほんとうに珈琲が好きなんですねーといわれることがあり。
はて。自分は本当に珈琲が好きなのかと考えることが多々増えました。
好きのはじまりは、知りたいという好奇心から。
その好奇心の赴くままに進んでいると
自分の能力の足りなさに思い至り、どうしても現在の自分の力以上のことを求めようとするわけです。故に試行錯誤するわけですが。
時にその試行錯誤の果てに思いがけない宝を見つけたりして。
見つけたと思った次の瞬間にははるか手の届かない、そのもっと向こうに輝くものを見つけて打ちのめされます。

その度に元の位置に引き戻されて、己が謙虚さを失い、
どこか邪であったことを思い出し、またコツコツ積み上げる。
だから焙煎をやめられない。

結局
珈琲が好きというより、珈琲を焙煎するのが好きなわけです。
仕事するって結局祈る事と同じ。






2021年11月22日月曜日

モカマタリ

当店の前もようやく紅葉しはじめました。
紅葉と共にギフトがやってきた夜宮です。
当店のギフト発送受付は12月20日までです。
店頭販売は25日までしております。
ネット販売は・・・未定です。





12月からイエメンクラシックモカマタリの販売開始します。
入荷はしてましたが、ドリップバッグのブレンドに使ってましたので店頭販売はしておりませんでした。今回ご要望がありましたので販売開始することに致しました。

アラブの王様が恋を忘れた男に飲ませたコーヒー。

水の少ない地域で昔ながらの手法で生産されてます。
その為収穫や選別に粗さが見え、味にも若干雑味のような渋さを感じます。
また届いてからの選別に手間かかり、使える豆が激減する困ったちゃんですが、世話のやける子ほど可愛い。
洗練されたイルガチェフモカには無い雑さが愛しいコーヒーです。




2021年10月23日土曜日

芋ほり大会終了

 無事芋ほり終了しました。いまだ足の筋肉痛がひかない夜宮です。







今年もミミズの※ジョン、ナメクジのメアリーのお話から始まった芋ほり。
4年前に比べると園児さんの数も減りましたが、その分たっぷり土とさつまいもとの綱引きをたのしんでいただけたようです。
最初は緊張気味の年少さんも土を触り、芋の姿が見え始めると夢中になって一気に人見知りの壁が取り払われます。
今あちらこちらで農業や自然との触れ合いを軸にした子供の学び場が増えてきてますが、
潰えることなく続いていってほしいものです。

 遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん
 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ   -梁塵秘抄

※ジョン、メアリーは当店が畑にいる虫たちにつけてる名前です。ほかにバッタのマークやカマキリのハマー、蜘蛛のエイトマンetc
普段身近に虫がいない子どももいるので、先にこの話をしておかないと土の中からミミズ出てきたときに騒いで転ぶことがある為、お芋づくりにはこの虫たちが協力してくれてるというお話をしてます




2021年10月8日金曜日

夜宮養蜂倶楽部、採蜜しました。

10/7に九州みつばち工房様にお手伝いいただき
当店の巣箱の採蜜を致しました夜宮養蜂倶楽部です。






当店の巣箱は重箱式といって底のない枡みたいなものを積み重ねていくものです。
下へ下へと鍾乳石のように伸びていく巣の一番上は蜂蜜の貯留域なので、そこだけを採集します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

採蜜の流れ








一番上の天井を外しました



整然と蜂蜜のたくさん詰まった巣が並んでいます



丁寧に巣を外していきます




外した巣を砕いて漉し布を引いたザルへ。
あとは自然に蜜がたれてくるのを待ちます。
(遠心分離機を使う方法もあり)





蜜の詰まった巣板はコムハニーと呼ばれます。
口の中にゴムみたいな巣が残るので食感は良くないですが、
蜂蜜だけを食べるよりも栄養価が高いです。
今回はお手伝いいただいた先生にこんなきれいな巣板は珍しいから
とっておきなさいとアドバイス頂いたので4枚分ほど取っておくことにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



はちみつは全部とったりしません。今から冬を越すのに必要な分をちゃんと残します。
当店の養蜂における一大イベントは終了しました。
あとは越冬して、新しい群れが新天地へと飛び立つその姿を楽しみに蜂と共に過ごします。

一度はあきらめた養蜂。再び開始できて、この日を迎えられたことに感無量。

さて、10月。今度は園児さんの芋ほり準備に取り掛かります。
コーヒー焙煎するより忙しい10月。



 

2021年9月26日日曜日

コーヒーゼリー再販

やっと重すぎる腰を上げて10月からコーヒーゼリー再販することにした夜宮です。なにしろ焙煎以外の仕事はすべてがプレッシャー💦







9/29までお試し価格¥200で販売しています。
テイクアウト、ご予約可能です。
保存料等は一切入ってませんので、ご購入当日にお召し上がりください。





2021年9月13日月曜日

変化

「焙煎してる姿が先代に似てきたね。」

発送しなければいけない分をすっかり忘れて豆が足りず、
仕方なく営業中お客様来店中に焙煎。
昔からの常連様がじっと見ていて一言。

あぁそうか、と。

時間が人を変えるのか仕事が人を変えるのかわかりませんが確かに変わって来た道のりがあるんだろう。

珈琲の仕事をはじめて30年。
お客様に当店の焙煎士は自分ですと名乗れるようになって21年。
先代の壁は永遠に超えることは出来ませんが、
少しは近づけたのかなと思います。



 

蔓延防止措置期間の営業時間